旅へ①  ローマへいざ

August 29, 2017

イタリア、プラハの旅から帰ってきて1週間とちょっと。やっと、旅の写真が整理できた。

8月10日、日本を発つ。夫との二人の旅がはじまる。

13時間を飛行機で過ごすというのは過酷。もっと近かったらいいのにと思う。

でも、飛行機がない時代は、何ヶ月もかけて海を渡っていたのかと思うと、簡単にヨーロッパ大陸にいけるなんてなんとすごいことだろう。飛行機の中から見る中国大陸を見ながらそんなことを考える。

1時間以上遅れ14時間かかってローマに到着。

体はガチガチ、頭はぼーっとしている。まずは送迎をお願いしている人とちゃんと会えるか?1時間以上遅れているし、、、。夫とキョロキョロしながら探す。その人は出口のところにしっかりYASUMOTOというカードを持って立ってくれていた。イタリア人にしてはとてもシャイなおじさん。はにかみ混じりの笑顔でそのままローマ中心地のホテルに連れて行ってくれた。
道路からは暗くてあまり街の様子が見えない。頭が切り替わっていないというか、実感がまだわいてこない。

 

そうこうしているうちにローマテルミニ駅近くのホテルに到着。一時間以上も遅れたし、チップを払うと「え?いいの?」とびっくりした顔をしてはにかみながら「グラッチェ」と握手。旅で最初に出会ったのがいいおじさんでよかった。

ホテルに着くとなんの手違いかイタリア語混じりの英語で別のホテルに移動だという。チェックインが10時過ぎてしまったので、もう来ないと思ったのか?飛び込み客にかしてしまったのか?わからないけれど部屋がないなら別のホテルに行くしかない。どうなっているんだろうと夫とこそこそ話す。
とりあえず無事に寝る部屋が確保できたという安堵感と、不安混じりのローマの夜を迎えた。
テレビをつけると世界陸上がイタリア語で放送されているのをぼーっと眺める。


ほとんど寝れずに迎えた朝。
時差ぼけと妙なテンションで7時を待って朝食の準備されている屋上のテラスへ。
ホテルのテラスから見たのが、ローマの朝の景色。夜とはうって変わって輝いている感じ。
抜けるような空と古い建物。教会の鐘の音。そしてマリア様。

 

なんだか楽しい旅になる予感。
こうして私たちは、早々に街にでた。

ローマの写真はこちら

 

 

つづく


 

 

 

Share on Facebook
Please reload

© tamiko yasumoto,all rights reserved.

  • Facebookの - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸