さいふまいり

June 15, 2017

昨日は、本の刷り出しチェックへ。
これで2年間かけて作ってきた本「さいふまいり」が私の手から離れた。
あとは印刷、製本まで無事に出来上がってくるのを祈るのみ。


思えば、大学を出て映像業界に入り、最初に上司から台本を書いてみろといわれ書いたテーマが太宰府・筑紫野のことだった。
ふるさとの地を私のライフワークにしたいと思ったのが思い出される。


めぐりめぐって月日が流れ、映像業界から離れ、夫とグラフィックの仕事をするようになり、日々、太宰府・筑紫野の風景を撮っていたそんな時、森弘子先生から一緒に本を作りませんか?とのお誘いが!これまで先生の本を読んできたから、天にも昇る気持ちでやらせていただきますと即お答えした。


ちょうど6月の梅ちぎりから撮影をはじめて2年。
雨の日も、雪の日も、四季折々刻々と変化していく太宰府の自然の営みはどれも美しい。
そしてそこには古の時間が流れているよう、、、。


今年6月25日に海鳥社から発刊。

まもなくです。

 

 

 

Share on Facebook
Please reload